読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目に不真面目に

日々思ったことをひたすら書くだけのブログ

僕が就活を頑張れない3つの理由

こんにちわ、久しぶりにブログを書きます。

最近就活をしているけど全く頑張れてないです。

でも頑張れない理由がある程度分かってきたので紹介したいと思います。

 

1.金と時間の無駄に思えてきた

まあ、一つ目はこれだね。なんだかんだで就活すると

会社説明会とか筆記試験とかに何度も行くことになって交通費と時間が

無駄になるんだよね。面接の数とかに違いがあるからなんとも言えないんだけど

就活は基本的に会社説明会(筆記試験)→一次面接→二次面接→最終面接

っていう流れでこれが20社受けるとなると相当きついわけなんだよ。

正直、そんなのに時間使う位なら漫画を読んだり旅行に行ったりしたい。

人事部の人たちも面接ばっかで大変だろうし俺に一発で内定出して楽になろうよ。

 

2.目標が特に無い

これはまあ仕方無い。そもそもそんなに働きたくないし。

むしろ「ここの会社に入ってこれがやりたい!」って言える人の方が

少ない気がする。結局は入ってから目標を見つけるのが一番良いのかもしれない。

実際、大学の教授とかも教授になりたいから勉強したっていうより勉強してたら

教授になりたくなったとかだと思うし、

野球選手とかもプロになりたいと思って野球初めたというよりはむしろ

野球初めてからプロの選手になりたいと思ったんだろう。

まあ、先に目標があってそれを初めた人もいるんだろうけど。

→こうして見ると逆に入ることを目標にできる人はけっこう頑張れる気がする。

メガバンクとか外資系とか狙ってる人のほとんどはある意味入ることが目標だろうし

実際彼らのバイタリティはすごい。これは目標があるからと言えそうだ。

 

 

3.失敗しても死なない

これが多分一番の原因。まあいわゆる危機感が足りないっていうやつ。

実際、今の時代ずっと続くと多少きついかもしれないけど一年や二年なら

フリーターでも余裕で生きていけるからだ。東京ならコンビニのバイトで

22:00~6:00とかで週5回シフト入れば月20万位稼げるから実家なら金が余る位だ。

もう現代の日本においては贅沢さえしなければ飢えることはほぼ無い。

 

昔の狩猟をしていた時代とかだと失敗したらワンチャンどころか普通に死ぬ

からどうしようもなかったが今の時代ならせいぜい周りに何か言われる位

でしょ。まあ就活失敗すると「あいつどこかに問題あるんじゃね」みたいな

目で見てくる人は間違いなく結構いるだろうけど、当然殺される訳では無い。

 

 

まとめ

まあ、そんなこというなら就活しなきゃいいんじゃねとは思うかもしれないけど

やっぱり社会的立場というのも大事だと思うので早く定職に就きたい。

ということで、僕は就活をあまり頑張れないみたいなので

とりあえずなるべく頑張らずに内定を決めれたらいいなと思ってます。