真面目に不真面目に

日々思ったことをひたすら書くだけのブログ

ほとんどの人は誰かを見下して優越感を得たいと思っている。

今まで20年間位生きてきて分かったけどやっぱりほとんどの人間は誰かを見下して

優越感を得ようとしている。

 

例えば、起業家とかはやっぱりサラリーマンのこと馬鹿にしてるし、

フリーランスとかで独立した人もやっぱり会社に囚われている人ってことで

サラリーマンをバカにしている人は多い。

サラリーマンとかでも年収1000万円とか稼ぐ大企業の人はパチンコの店員とか

ゲームセンターの店員とかを正直見下しているはずだ。

早稲田とか慶應に言っている人も実際に口に出して言ってはいないかもしれないが

心のどこかではFランク大学の人を見下しているはずだ。これは2ちゃんねるとかを

見ても明らかである。

また、東大の人と京大の人が話しあう番組とかでもそれは顕著にみられる。

たしか好きか嫌いか言う時間とかいう番組だった気がするが、この番組では

東大vs京大の人がそれぞれの大学の良いところを話している。

そこで東大の奴は京大の入試問題は簡単だと言って、京大の奴は東大を

官僚養成学校とか言ってる場面がある。

 

まあ全員がそうではないんだろうけど、このあたりの事はみんな大体

心当たりはあるでしょ。生活保護ニートを叩くのだってそう。

こいつはクズで自分より格下だって思うことで優越感を得たいだけだ。

そうでない人もいるとは思うけど、大体の人がそういう気持ちを持っているので

それを踏まえると少し生きやすくなるかもね。

何か自分の出来ない事で誰かに馬鹿にされたら

「あーこいつ俺の事見下して優越感得たいんだな~」

っていう気持ちでいられればもう最強である。